【NEW】2022.1.5 お散歩手帖 更新しました

小熊弥生さん「億の受け取りミストップ10を徹底解説!」まとめ

スポンサーリンク

2022年5月20日のYouTubeより

シリーズ12日目
1日目のさっちゃんの話で本気のスイッチが入った弥生先生が、本来なら有料講座で教えている内容を教えるシリーズ。

今回は、億の受け取りミス・トップ10を紹介。

億を受け取ります!
⇒宣言大事。

億の受け取りミスをしてしまうトップ10とは?
①鎧のつけすぎ
人から文句を言われたりすると、痛い思いをしたくないので鎧をつけたくなる。
でも鎧をつけると(怖い、自信がないと思っていると)鎧を引き寄せてしまう。
👇
自分に自信を持とう!
自分を根本的に信頼しよう。
自分が素晴らしい存在であることを思い出そう。
私を作ってくれたのは母。母を作ってくれたのは地球の生命。だから、宇宙を、地球を、母を、自分を信頼して安心しよう。

私の心の傷は、私に自信がなかったときについてしまっただけ。
例:自分をブスだと思っているときにブスと言われると傷つく。
👇
自分の内側のクリーンナップを進めよう!
「私は大丈夫」と言ってあげる。
私は大丈夫、すべてはうまくいっている、安心して大丈夫だよと自分自身に何度も言ってあげる。

②「~がほしい」「~したい」という発注ミス
「億がほしい」「運命の人と出会いたい」などの発注ミス。
「お金がほしい」というエネルギーを出してしまうと、実際には「私、お金がない」というエネルギーを発注していることになる。
👇
お金がほしいときは、私が持っているお金、持っている豊かさに感謝しよう!
「私、人には恵まれるのよね」「公園の緑がきれいだな~」など。
この「きれいだな~」を十分に味わう。
すでにある豊かさを感じて感謝をすれば、焦ることがなくなる。
自分の中で「ない!ない!」と思っているから焦る。
すべてのものの「ある」部分を見よう。
フォーカスを変える。

送電線ワーク 
17秒間×4=68秒間、豊かさを感じよう。
豊かさに振動を合わせれば宇宙はそれを受け取り、やがて私のもとにそれを届けてくれる。

③待ちきれない
エイブラハム・ヒックスいわく、とうもろこしを植えても待ちきれずにすぐに掘り起こすから、あなたのもとにほしいものがこないのだ。

待ちきれない対策
👇
当たり前ゼロ感謝をしよう。
ワクワクしながら待とう。
クリスマスを待つ子どものように。
そして未来瞑想の時間を持とう。
未来瞑想をして、それを受け取ったときのワクワクを何度もビジュアライズする。

ビジュアライズには2つやり方がある。
「紙に書いて忘れる」やり方だと、逆のものがほしくなってしまうことがある。
紙に書いて忘れられるパターンと、毎日思い出した方がいいパターンとがある。

毎日思い出した方がいいパターン
⇒未来瞑想で追加発注する方法。追加発注してブレないようにしていく。

忘れると逆のものを発注してしまう恐れがある。
例:「金銭的に豊かに暮らしたい」とビジュアライズしても、その後で「お金がなくても私、幸せだわ」という経験をすると、「お金がなくてもいい」と間違って時間差で発注してしまう。そしてズレている分はキャンセルされてしまう。

だから弥生先生は必ず叶えたいものは未来瞑想を何回もする。
でも、そこで…

④こだわる
のはダメ。
ブレないようにはしたいけど、こだわってはダメ。

例:「デザイナーとして大成して豊かになりたい」と発注した人がいる⇒宇宙からすると、その人はデザイナーよりヒーラーとしてもっとすごい能力がある⇒芸大を受験したが失敗してがっかり
👇
ここでがっかりしてしまうと波動が落ちる。
このときに受け取れたものを喜ばなかったら、億の受け取りミスが発生する。
受け取れたもののポジティブな面を見よう。

宇宙は私をプラスに変えていくものしか与えない。
病気でさえも軌道修正を促すものだったりする。

弥生先生の例:ラジオのDJになりたくてコンパニオンの仕事をしていたが解雇
⇒考えてみたらラジオだと言いたいことが言えない
⇒今は自分のストリームヤードで自由に話せて幸せ
がっかりする必要はなかった。
「違うってことね。じゃあ私が受け取るべきものは何?」と言ってそれを喜べば、どんどん受け取れるようになる。

これが5番目。
⑤受け取ったときに喜ばない
宇宙は「この人、受け取り下手なんだな」と解釈してしまう。

⑥主語ミス
ワンネスの中には主語がない。
それを忘れて「あの人はひどい人だから地獄におちればいいのよ」と人に対してネガティブなエネルギーを飛ばすと、それが返ってきて私が地獄におちることになる。
飛ばしたものは全部返ってくる。
👇
周りの人に対して優しい心をずっと持とう。
私は相手、相手は私だから。私は宇宙、宇宙は私。
もしやってしまったら「キャンセル、キャンセル」。
相手は私の中にある「許せない」部分を見せる悪役を演じてくれている。

⑦ダブルスタンダード(二枚舌)
口では「ありがとうございます」と言いながら、こっそり「なによこいつ」とダブルスタンダードになっているとき。
言行不一致。
こっそり内側でネガティブを思うと、心の方が発注されてしまう。

⑧無意識キャンセル
お金持ちになり豊かになったところをビジュアライゼーション
⇒でもたまたまお金がない生活でも幸せだわと感じてしまって「お金がなくても私幸せ」と感じてしまうと無意識キャンセルになる。
👇
ビジュアライゼーションで首尾一貫させるのが大事。

⑨妥協受け取りしてしまう
自分の理想じゃないんだけど…というものを受け取ったとき。
億がほしいときに1円を引き寄せたら、「1円じゃなくて億なんだけど」と申し立てをしてしまうとうまくいかない。
👇
「宇宙は、億に到達するためのまずは1円をくださったんだな。ありがとうございます」とまずは喜ぼう。
妥協したときにそれはそれでありがたく受け取る。
その後にさらに「こうだともっとうれしいです」と再発注しよう。

受け取り⇒喜び⇒再発注

⑩ざっくりすぎる発注
例:「月収100万」
⇒講座によって?引き寄せによって?いろんなパターンがあり得る。

例:天国のレストラン
発注があいまいだと何がほしいのか相手に伝わらない。
だから宇宙も届けようがない。
「静岡の天然うなぎのかば焼きが食べたい」のように具体的に発注しよう。
「一番おいしいものください」ではだめ。

何度も今日の動画を見直そう!
億を受け取れていない人のほぼ100%がこの中のどれかにあてはまる。


自己啓発ランキング
タイトルとURLをコピーしました